家を建築した工務店以外で雨漏りの修理を依頼するなら

雨漏りの修理は、家を建築したときの担当工務店に相談しましょう。担当工務店は設計図を見て、どこが雨漏りの原因箇所かを正確に推測してくれます。


なんらかの理由で担当工務店と連絡が取れない場合や、工務店が雨漏りの修理を請け負ってくれない場合、さらには工務店が他の一戸建ての新築工事で忙しくて雨漏りの修理を担当できない場合などは困ってしまいます。家を建築した担当工務店の他に依頼しなければならない場合は、まずは担当工務店に紹介してもらいましょう。


工務店は独自のネットワークがありますので、さまざまな専門分野の施工業者と連携しています。
雨漏りが発生した場合は、工務店の他にも屋根修理の専門業者や、外壁塗装の専門業者など、雨漏りに関連する分野の専門の施工業者を紹介してもらいましょう。



工務店の紹介なので、信頼度は高くなります。

工務店の紹介のメリットには、事後連絡が可能な点もあります。



実際に雨漏りの修理を行なってもらっても、雨漏りが再発してしまうことは珍しくありません。
明らかに屋根に穴があいているのが原因の雨漏りであれば、施工ミスは起こりません。



原因が性格でない場合の施工では、雨漏りそのものが停止されません。
雨漏りが発生した場合は、一回の施工で完了するとは限らないことを覚えておきましょう。

工務店による紹介ならば、雨漏りの修理が完了してから、担当工務店に問い合わせて実況確認してもらうことができるのもメリットです。雨漏りが停止しても、雨漏りの影響による被害の確認を依頼すると対応してもらえます。