乳がん検診の必要性について

乳がん検診の必要性について

乳がんは女性がなるというイメージが強いですが、男性でもなる可能性があるがんです。
男性の場合は、特にその後の経過が悪いといわれているので、男性だからといって油断してはいけません。乳がんが生じる部位としては、乳房の外側の上部に発生することが一番多いという統計があります。


次に、乳房の内側の上部あたりに生じることが多いです。

こういった乳がんを放置しておくと、死に至るだけではなく、乳房を切り取る必要性も出てくるため、特に女性にとっては精神的なダメージも大きくなってしまいます。



乳がんの場合も、早期にがんを発見して治療をすることができれば、その後の経過が良いと言われていますから、早期発見のために乳がんのがん検診も定期的に受けることが大事になってきます。



乳がんの場合、対象年齢は40歳以上であり、受診間隔としては2年に一回となっています。
乳がんの検査の流れとしては、他のがん検診の流れと同様に、一次検査、精密検査、確定診断、治療という流れになります。

検査の内容としては、問診、視触診、マンモグラフィーを使った検査などがあります。

がん検診を検索に関する疑問を解決いたします。

他の問診は、どのがん検診にもありますが、普段の生活の状態などを詳しく知るために必要になってきます。視触診は、特に乳がんの場合、しこりができていたりしますから、実際に触ってみてある程度判断することができます。

マンモグラフィーはx線を使った検査なので、より詳しく身体内部を検査することができます。